合格体験記-中林建

<- 合格体験記一覧へ戻る

中林 建

中林建

  • 沼津東高校出身
  • 商学部
  • 2014年度入学
  • 一般入試(一浪)

 

【慶應義塾大学の受験を決めた時期】

高3の高校野球を引退した時

 

【受験学部、結果】

●現役

経済学部、商学部 …不合格

●一浪

商学部 …合格

経済学部 …不合格

 

【慶應義塾大学に決めた理由、慶應野球部の魅力】

六大学で野球をやりたいという気持ちがあったからです。また、勉学においてもレベルが高い大学であり、そんな環境で自分を高めたいと思ったからです。

 

【特に力を入れていた科目】

英語

 

【意識していた勉強法】

やはり夏休みまでは基礎を徹底してやることです。僕は現役の時、時間の無さから焦って過去問ばかりを解き、基礎を疎かにしていました。その結果、学力があまり向上しないまま受験を迎えてしまい、案の定落ちてしまいました。このような経験をしたので、浪人中の4〜8月ぐらいまではひたすら英単語や英文法を覚えたりと基礎を固めました。長文は8月ぐらいから読み始め、それは暗唱できるぐらい何度も読み、過去問は9月から少しずつやり始めました。

 

【平均勉強時間】

10時間

 

【アドバイス】

勉強することにおいて1番大事なことは、時間を有効的に使うことです。友達とLINEをしながら勉強しても、それは時間だけ過ぎて伸び方は半減すると思います。勉強するときは集中して、疲れたら少し休憩する、このメリハリが大事です。僕は予備校で勉強しているときは1度も携帯を見ませんでした。同じ勉強時間でも勉強の質によって結果は変わります。密度の濃い勉強を心がけてください。

 

【受験時代に意識していたこと(息抜きやリラックス方法、メリハリのつけ方など)】

僕は日曜日の午前中は体を動かしていました。地元の野球クラブに参加させていただき、体をリフレッシュさせていました。
また徹夜を絶対にしないと僕は決めていました。徹夜で勉強すると次の日に影響が出てきます。このせいで授業中や自習中に居眠りしてしまったら全く意味がありません。それだったら夜まとまった時間に寝る方が数倍良いと思います。

 

【受験生に伝えたいこと】

勉強はつらいですが、学力が上がったことを実感できると嬉しくなります。このようにつらい中でも嬉しさ、楽しさを持つことで長時間の勉強を継続できます。
僕はこの1年間で一生分の勉強をしたと思っています(笑)。みなさんも人生に1度、そう思えるほど勉強やってみたらいかがですか?そうすればおのずと結果はついてきます。勉強頑張ってください!応援しています。

 

 

※入試情報は変更される場合があります。 詳細は慶應義塾大学ホームページの入学案内を随時ご覧ください。

 

 

<- 合格体験記一覧へ戻る

« »