合格体験記-境雄大

<- 合格体験記一覧へ戻る

境 雄大

境雄大

  • 早稲田佐賀高校出身
  • 環境情報学部
  • 2014年度入学
  • 一般入試(一浪)

 

【慶應義塾大学の受験を決めた時期】

現役で早稲田大学に落ち、浪人を決めたとき

 

【受験学部、結果】

●一浪

環境情報学部 …合格

法学部法律学科、総合政策学部 …不合格

 

【慶應義塾大学に決めた理由、慶應野球部の魅力】

高校の時、早稲田大学に内部進学できず、浪人してさらに上を目指そうと決めたためです。
魅力は、トップレベルの環境にあり、志の高い仲間が多くいることです。

 

【特に力を入れていた科目】

英語

 

【意識していた勉強法】

英語に関して、僕の場合は基礎が全くできていなかったため、高校1年生の内容から始め、とにかく基礎を徹底して勉強しました。特に文法に力を入れ、文を節ごとに分ける練習を多くしました。夏までは短文をひたすら訳す練習をし、それから長文に取りかかっていました。
そして長文読解を練習するときには、その文章の訳を全て理解した上での速読を重視していました。この速読で、英語を日本語に訳して考えるのではなく、英語を英語で理解する力がつき、読むスピードもとても速くなりました。

また、勉強法というのは教わる先生によって変わると思います。自分に合った先生を見つけ、その人にとことんついていくことが大事だと考えます。

 

【平均勉強時間】

12時間以上

 

【アドバイス】

自分の勉強法をもう一度見直してみてはどうでしょう。効率が悪かったり、間違った勉強法を実施しているかもしれません。予備校などに通っている人は、まず自分に合った先生を見つけて下さい。予備校の先生は受験の道のプロであり、受験生よりもはるかに知識と経験があります。一度受験で失敗した人などは、失敗した原因が何かしらあるはずです。そういった要因をなくすためにもプロである先生を上手く活用していくことが有効だと考えます。

 

【受験時代に意識していたこと(息抜きやリラックス方法、メリハリのつけ方など)】

息抜きには、運動がおすすめです。僕は毎晩ランニングをし、週に1回はジムに通っていました。一日中机に向かっていることが多いと思うので、身体を動かすことは良いリフレッシュになると思います。

 

【受験生に伝えたいこと】

高校時代、僕は校内で下から10番目くらいの学力しかありませんでした。浪人中もなかなか慶應義塾大学のレベルにまでたどり着くことが出来ず、模試でもE判定しかとったことがありませんでした。しかし、模試と本番の試験は違う、模試の結果は関係ないと考えて勉強していました。最後まで自分は伸びると信じて勉強していったため、一浪でなんとか合格することができました。良い成績が出ず、モチベーションが下がる時期もあるでしょう。しかし、慶應の野球部で野球がしたいという思いが受験生を奮起させてくれるはずです。立ち止まってしまったときは、もう一度自分の目標を思い返してみて下さい。

 

 

※入試情報は変更される場合があります。 詳細は慶應義塾大学ホームページの入学案内を随時ご覧ください。

 

 

<- 合格体験記一覧へ戻る

« »