【H28秋新人戦】●慶大 1 – 10 法大

2016.11.03 平成28年度東京六大学野球秋季新人戦

  1 2 3 4 5 6 7 8 9  
KEIO 0 0 0 0 0 0 1 0 0 1
HOSEI 1 0 5 0 0 4 0 0 x 10

 

新人戦決勝戦・対法大戦は、初回、大川の二塁打と死球で二死一二塁の好機を作るも先制点には至りません。

続く裏、一死から安打を許し、直後に盗塁を決められ得点圏に走者を進められると、適時打を放たれ1点を先制されます。

3回裏、安打や四球などで一死二三塁の場面を迎えると、連打や押し出しを許し、一挙5点を失います。

6回表、一死から小原和樹が安打を放ち出塁するも後続が倒れ、反撃の糸口を掴むことができません。

その裏、相手打線につかまり計5安打を浴びさらに4点を奪われます。

7回表、一死二塁から代打・長谷川が右翼へ適時打を放ち1点を返します。

最終回には先頭の名幸が安打を放つも後続が倒れ、1-10で敗戦致しました。

 

平成28年度秋季新人戦におきまして、弊部は準優勝という結果に終わりました。

温かいご声援、誠にありがとうございました。

 

今季、多大なる温かいご声援を頂いた皆様には、心より御礼申し上げます。

来年こそ春秋連覇そして全国制覇に向けて、部員一同精一杯努めて参りますので、

引き続き温かいご声援の程、宜しくお願い致します。

« »