【H29秋リーグ戦】○慶大 7 – 2 立大②

2017.10.17 平成29年度東京六大学野球秋季リーグ戦

  1 2 3 4 5 6 7 8 9  
RIKKIO 0 0 0 0 0 0 2 0 0 2
KEIO 2 1 2 0 0 0 2 0 x 7

 

対立大二回戦は、初回、一死から瀬尾が死球で出塁すると、岩見の2点本塁打で幸先良く先制します。

2回裏、倉田照屋の安打などで一死一三塁とすると、内野ゴロの間に1点を追加します。

さらに3回裏、先頭の瀬尾が二塁打を放ち、四球などで二死満塁の好機を作ると、連続押し出し四球で2点を挙げ、相手を突き放します。

先発の関根が6回まで2安打無失点の好投を見せ、反撃の隙を与えません。

7回表に2本の本塁打を放たれますが、直後の裏に二死から岩見が中前安打を放つと、清水翔太と倉田の連続適時二塁打で2点を追加します。

投げては、3投手が粘投し、7-2で勝利致しました。

また、この試合で岩見雅紀(4年・外野手/比叡山高)が東京六大学野球史上最多となる年間本塁打12本、歴代1位タイとなるシーズン最多本塁打7本を達成しました。

 

温かいご声援、誠にありがとうございました。

 

 

« »