【H30秋フレッシュトーナメント】○慶大 11 – 6 法大

2018.11.01 平成30年度東京六大学野球フレッシュトーナメント

  1 2 3 4 5 6 7 8 9  
KEIO 1 0 0 3 3 0 3 1 0 11
1 3 0 0 1 0 0 0 1 6

 

フレッシュトーナメント・対法大戦は、初回、保科の内野安打などで二死一塁とし、若林の適時二塁打で幸先良く先制するも、その裏に1点を返され、同点とされます。

さらに2回裏、安打や四球などで二死一二塁とされると、3点本塁打を浴び、勝ち越しを許します。

しかし、4回表、若林の四球と水久保の二塁打で二死二三塁の好機を作ると、植田響介が適時二塁打を放ち、2点を返します。なおも二死二塁から、敵失の間にさらに1点を追加し、再び試合を振り出しに戻します。

勢いに乗った打線は、5回表、一死一二塁から鶴岡の本塁打で3点を追加します。

その裏に1点を返されるも、7回表には藤元福井・若林の3連打や敵失で3点を挙げ、さらに相手を突き放します。

8回表にも1点を追加し、最終回に1点を返されるも、そのまま逃げ切り、11-6で勝利致しました。

 

引き続き温かいご声援をよろしくお願いいたします。

« »