【H30秋リーグ戦】○慶大 2 – 0 立大③

2018.10.15 平成30年度東京六大学野球秋季リーグ戦

  1 2 3 4 5 6 7 8 9  
0 0 0 0 0 0 0 0 0 0
KEIO 0 0 0 0 0 0 1 1 x 2

 

対立大三回戦は、両校無得点のまま迎えた4回裏、先頭の渡部が中前安打で出塁すると、敵失や死球などで二死満塁の好機を作るも、後が空三振に倒れ、先制には至りません。

7回まで相手打線を3安打に抑える先発・髙橋佑樹の熱投に応えたい打線は、7回裏、一死から小原が二塁打を放つと、瀬戸西の適時打で待望の先取点を奪います。

直後の8回表、一死から四球を与えると、盗塁で得点圏に走者を進められるも、後をしっかりと抑え、流れを渡しません。

するとその裏、先頭・中村の中前安打、続く渡部の犠打などで一死三塁の好機を作ると、代打・正木の犠飛で貴重な追加点を挙げます。

2点のリードをもらった髙橋佑樹は、9回表も空三振・右飛・中飛と三者凡退に打ち取り、2-0で勝利致しました。

 

温かいご声援、誠にありがとうございました。

« »