【第67回 全日本大学野球選手権大会】○慶大 10 – 2 東日本国際大

2018.06.14 第67回全日本大学野球選手権大会

  1 2 3 4 5 6 7 8  
KEIO 3 0 0 0 3 0 0 4 10
東日本国際大 0 0 0 0 0 1 0 1 2

※大会規定により8回コールド

対東日本国際大学戦は、初回、一死から渡部遼人の四球と敵失で一二塁の好機を作ると、郡司内田の適時打で3点を先制します。

追加点を挙げたい打線は、5回表、二死から内田と小原の中前安打で二三塁の好機を作ると、嶋田の3点本塁打で3点を追加します。

6回裏、二死二塁から適時打を放たれ、1点を返されます。

8回表、一死から瀬戸西河合・渡部遼人の三連打で満塁の好機を迎えると、柳町の押し出し死球や郡司の適時打などで、この回計4点を挙げ、相手を突き放します。

逃げ切りたい塾野球部は、直後8回裏、右前安打や連続四球などで二死満塁の窮地を迎えると、適時打で1点を返されるが、後を空三振に抑え、10-2で勝利致しました。

投げては、先発の菊地が5回8奪三振、被安打2、無失点の好投を見せました。

 

 

温かいご声援、誠にありがとうございました。

« »