【第67回 全日本大学野球選手権大会】●慶大 3 – 7 東北福祉大

2018.06.16 第67回全日本大学野球選手権大会

  1 2 3 4 5 6 7 8 9  
東北福祉大 0 0 1 1 0 5 0 0 0 7
KEIO 0 0 3 0 0 0 0 0 0 3

 

対東北福祉大戦は、3回表、ソロ本塁打を浴び1点を先制されます。

しかし直後の3回裏、瀬戸西河合の連続四球で無死一二塁とすると、敵失の間に3点を奪い、逆転に成功します。

4回表、またもソロ本塁打を放たれ1点差とされます。

突き放したい打線は5回裏、渡部遼人柳町の連続内野安打と郡司の犠打で一死二三塁の好機を作るも、後続が捕邪飛・左飛に倒れます。

すると6回表、二死満塁から2点適時打と3点本塁打を浴び、逆転を許します。

追いつきたい打線は直後の6回裏、小原の中安・瀬戸西の四球・河合の左安などで一死満塁するも、後続が中直・空三振に倒れます。

投げては代わった石井が7回以降無失点の投球を見せるも、あと一打が出ず、3-7で敗戦致しました。

 

春季リーグ戦、全日本大学野球選手権大会におきまして、 多大なるご声援をくださった皆様に心より御礼申し上げます。

秋季リーグ戦では、今回果たすことの出来なかった日本一を達成できるよう、部員一同努めてまいりますので、今後ともご声援の程宜しくお願い致します。

温かいご声援、誠にありがとうございました。

« »