【H30春フレッシュリーグ】●慶大 5 – 7 東大

2018.06.02 平成30年度東京六大学野球フレッシュリーグ

  1 2 3 4 5 6  
tokyo 3 2 2 0 0 0 7
KEIO 0 0 1 0 2 2 5

※試合時間2:00
 連盟規定により6回打ち切り

フレッシュリーグ・対東大戦は、序盤に7点を先制されます。

追いかける打線は3回裏、四球や若林の右前安打などで一死満塁の好機を作ると、角谷の犠飛で1点を返します。

さらに5回裏、四死球や植田響介の左前安打で無死満塁とすると、押し出し四球と長門の犠飛で、2点を返します。

4点差で迎えた6回裏、一死一塁から、谷口と若林の連続適時二塁打で2点を挙げるも、後一打が出ず、5-7で敗戦致しました。

 

温かいご声援、誠にありがとうございました。

« »