【H30春リーグ戦】●慶大 2 – 3 立大①

2018.05.05 平成30年度東京六大学野球春季リーグ戦

  1 2 3 4 5 6 7 8 9  
KEIO 0 0 0 0 0 0
RIKKIO 0 0

 

対立大一回戦は、初回、二死二塁から失策の間に先制を許すと、2回裏にはソロ本塁打を浴びるなど、序盤に計3点を奪われます。

追いつきたい打線ですが、相手投手の好投を前に、なかなか走者を出すことができません。

中盤以降は、継投した田中裕貴髙橋亮吾髙橋佑樹が得点圏に走者を背負うも、粘りの投球で相手打線を無失点に抑え、打線の反撃を待ちます。

7回表、一死から郡司が二塁打を放つも、後続が遊ゴロと空三振に抑えられ、反撃の糸口を掴むことができません。

3点差のまま迎えた9回表、柳町の四球や嶋田の内野安打などで二死一三塁の好機を作ると、代打・正木中村の連続適時打で1点差に迫るも、後が二ゴロに打ち取られ、2-3で敗戦致しました。

 

引き続き温かいご声援のほど、宜しくお願い致します。

« »