【H30春リーグ戦】○慶大 7 – 1 立大③

2018.05.07 平成30年度東京六大学野球春季リーグ戦

  1 2 3 4 5 6 7 8 9  
KEIO 0 0 0 2 1 3 0 1 0 7
RIKKIO 0 0 1 0 0 0 0 0 1

 

対立大三回戦は、初回、小原河合が安打を放つも後続が抑えられ先制には至りません。

3回裏、振り逃げや犠打などで二死二塁とされると、適時打を許し1点を先制されます。

しかし直後の4回表、一死から嶋田内田の連打と中村の死球で満塁の好機を作ると、瀬戸西の適時打で2点を返し逆転に成功します。

さらに5回表には、二死から郡司の今季初本塁打が飛び出し、貴重な追加点を挙げます。

止まらない慶應打線は、6回表にも一死一三塁から内野ゴロや柳町の適時二塁打でこの回一挙3点を挙げ、リードを広げます。

8回表、二死満塁から敵失の間に1点を奪い、相手を寄せ付けません。

投げては髙橋亮吾髙橋佑樹石井の継投リレーで立教打線を完璧に抑え込み、打っては15安打の猛攻を見せ、7-1で勝利致しました。

 

次カードも勝ち点を奪取し、優勝へ弾みをつけられるよう部員一同全力で戦ってまいります。

引き続き温かいご声援をよろしくお願いします。

« »