【H30春リーグ戦】●慶大 0 – 1 早大③

2018.06.04 平成30年度東京六大学野球春季リーグ戦

  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11  
WASEDA 0 0 0 0 0 0 0 0 1 1
KEIO 0 0 0 0 0 0 0 0

 

対早大三回戦は、先発の髙橋亮吾が1、2回を三者凡退に抑える上々の立ち上がりを見せます。

2回裏、二死から嶋田の四球と内田の右前安打で一三塁と好機を作るも、後が空三振に抑えられ、先制には至りません。

4回表、連打と犠打で、無死二三塁の窮地を迎えるも、後続を連続三振に打ち取り、得点を与えません。

髙橋亮吾の好投に応えたい打線は、6回裏、河合杉本の連打で無死一三塁の好機を作るも後続が凡退し、惜しくも無得点に終わります。

両校無得点のまま延長戦にもつれ込み、10回表、先頭に三塁打を放たれるも、8回から継投した石井が後続を三ゴロ・二飛・遊飛に打ち取り、無失点で切り抜けます。

しかし11回表、一死からソロ本塁打を浴び、勝ち越しを許します。

なんとか逆転したい打線は、11回裏、先頭の渡部遼人が内野安打で出塁すると、四球や犠打などで二死満塁の好機を作るも、後が空三振に抑えられ、0-1で敗戦致しました。

先発の髙橋亮吾が7回8奪三振、被安打5、無失点の粘投を見せるも打線が援護できず、悔しい結果となりました。

 

平成30年度東京六大学野球春季リーグ戦におきまして、弊部は2季連続36回目の優勝を果たしました。

また、郡司・河合がベストナインに選出されました。

温かいご声援、誠にありがとうございました。

« »