2018.09.04 「秋季リーグ戦に向けて」

dsc01395

慶應義塾体育会野球部
大久保 秀昭 監督

 

 

9月8日に2018年秋季リーグ戦が開幕致します。

昨秋、今春と2季連続優勝を達成することが出来ましたが3連覇という塾野球部にとっては46年ぶりの偉業となる数字に挑戦するシーズンとなります。私も4年7シーズンがあっという間に終わり8シーズン目になります。今の4年生が入学した時からなので彼らももうラストシーズンかと思うと本当に時間が過ぎるのは早いです。

春季リーグ戦以降は全日本大学野球選手権大会でベスト4、7月5日から六大学選抜チームで台湾嘉義での世界大学野球大会、7月23日〜8月2日まで期末試験、8月4日〜11日まで北海道幕別町でのキャンプ、その他にも下級生中心チームの新潟サマーリーグ、福島県西会津町でのBチームキャンプ、カナダのブリティッシュコロンビア大学との交流試合、岐阜県長良川球場でのオール早慶戦、長野県南信州での六大学オールスター戦と野球部員全員が全部に関わる訳ではありませんがそれなりにタイトなスケジュールを消化し開幕の東大戦に向けて調整しています。

 

ここからは御礼の挨拶になります。

北海道幕別町でのキャンプでは誘致から実行まで御尽力して頂いた関係者の皆様、充実したキャンプだった事と町の方のおもてなしにも感謝します。帯広三田会の皆様にも激励会の開催や陣中見舞いを頂きました事を御礼申し上げます。島田先輩はじめOB関係者や北海道出身の保護者の方々にも沢山の差し入れを頂きました事も重ねて御礼申し上げます。

又、岐阜県長良川球場でのオール早慶戦での歓迎ぶりにも本当に感謝感謝です。後藤三田倶楽部会長の出身地という御縁もあっての開催でした。試合は1対0と辛勝ではありましたが勝利しました。24年前の同じ場所での敗戦の雪辱は出来たと思います。欲を言えばお互いがもう少し点数を取ることができたら更に良かったかなと感じました。岐阜三田会の皆様お疲れ様でした。そして早慶戦を開催して頂き本当に有難うございました。来年は名古屋ドームでの開催予定となっておりますので中部地区の関係者の皆様宜しくお願いします。

 

野球部はファミリーの様なチームになる事を目指していますが応援して頂く方にもファミリーの一員になって野球部を支え激励して欲しいと願います。
KEIOのユニフォームを着て神宮球場の舞台に立てる事を幸せに感じ精一杯のプレーで表現をする部員達に御声援宜しくお願いします!

 

2018年9月
大久保秀昭

« »