東京六大学野球

弊部が所属する、東京六大学野球リーグについてご紹介致します。  

◆About Tokyo Big6◆

東京六大学野球リーグは1925(大正14)年に発足しました。
当リーグは、硬式野球界 では唯一天皇杯が授与され、過去に三度の天覧試合があるなど、常に世間の注目を受けてきました。  

アメリカにおける野球が、底辺の草野球から生まれて上昇し、大人のゲームになり、そしてプロへと発展していったのに対し、日本の野球は学生野球から発達しました。  

現在の東大の前身である第一大学区第一番中学でアメリカ人教師ホーレス・ウィルソンが 学生たちに野球を教えたのが最初でした。
この学校はやがて開成学校、第一高等学校と なります。この一高がまず全盛時代を築き、つづいて慶應、早稲田が台頭し、早慶戦が日本一の王座争いとなって爆発的な人気を呼んだことで、野球熱が日本に行き渡ったのです。  

プロ野球が1936年にできた頃には既に野球熱が沸騰しており、その中心となったのが 東京六大学野球でした。日本の野球は六大学によって発展し、今日の基盤を作ったといっても過言ではありません。    

« »