合格体験記ー米倉孝太郎

<- 合格体験記一覧へ戻る

米倉 孝太郎

  • 鎌倉学園高校出身
  • 法学部政治学科
  • 2018年度入学
  • 一般入試(一浪)

 

【慶應義塾大学の受験を決めた時期】

高校3年生の夏(部活引退後)

 

【受験学部、結果】

●現役
経済学部、商学部…不合格

●一浪
経済学部、法学部政治学科…合格
商学部、総合政策学部…不合格

 

【慶應義塾大学に決めた理由、慶應野球部の魅力】

高校の先輩が慶應野球部に所属しており、その方から「慶應は良い意味で上下関係がなく、大学で野球を続けるなら慶應ほど良い環境はないと思う」と言われたのが慶應義塾大学を志望した理由です。
慶應野球部の魅力は、チームとして、組織として、非常にまとまりがある点だと思います。具体的には、上級生が下級生の練習を手伝ってくれたり、4年生の先輩方でも気軽に1年生に話しかけてくれたりするような、まさに“Family”のようなチームであるという点です。僕自身、慶應に入ってまだ1年も経っていませんが、このチームがとても好きになりました。

 

【特に力を入れていた科目】

英語

 

【意識していた勉強法】

●英語

慶應義塾大学に合格する上で、英語という科目は非常に大切です。なぜなら他の科目よりも配点が高いからです。

・単語
何冊も単語帳に手を出す必要はないと思います。僕自身、単語帳は『システム英単語(駿台文庫)』しか使いませんでした。いくら単語を覚えていても長文の中に知らない単語は必ず出てきます。僕は、長文の中に知らない単語が出てきたら、一応調べて頭の片隅に置いておくくらいの感じでやっていました。知らない単語を全部覚えようとしたら、脳みそがいくらあっても足りません。なので、その辺は気楽にやって良いと思います。

・文法
文法は予備校のテキストと参考書1冊を完璧にしました。文法は知っていれば解ける類の問題ですが、曖昧なまま覚えても全く意味がないので、毎日コツコツと継続的にやることを勧めます。
また、文法問題はいくら考えても答えは出ません。入試本番の文法問題で自分の知らないものが出てきたら、潔く諦めて次の問題に進むというのも大事なポイントです。

・長文読解
僕は、構文のテキストを暗記することから始めました。全く同じ文章など出ませんが、構文の形を覚えていれば、いくらでも応用は利きます。
長文を読む上で大切なのはリズムです。すべて一定のスピードで読んでいても頭に入ってきづらいので、メリハリをつけて読むように心掛けると良いと思います。
また、長文は毎日読むように心掛けていました。

 

●日本史

重箱の隅をつつくような悪問(慶應の法学部で出題されるような問題)まですべて完璧にしようとするのは、よっぽどの歴史マニア以外はやめた方が良いです。
日本史を勉強する際に大切なことは、全ての出来事を関連付けて覚えることです。特に日本史は、日本の中で起きた出来事の歴史なので、全ての事象が縦軸の中で繋がっています。裏を返すと、一問一答で単語だけ覚えていても、違う角度からその単語を問われたときに答えられなければ、意味がありません。
僕は、日本史の問題を解くなら慶應の経済学部の過去問を勧めます(慶應経済を受けない人でも)。慶應経済の日本史は非常に良問であり、自分が日本史をどれだけ“理解”できているかが計れると思います。

 

●小論文

小論文は学部によって出題傾向が異なるので、まずは自分の目指している学部の過去問を解くと良いと思います。
過去問を解いていく中で、自分の解答と“模範解答”とのクオリティーの差に絶望するときがあると思います。ですが、大人たちが時間をかけて作成した“模範解答”など気にしなくても大丈夫です。大切なのは、細かい知識などをひけらかすことではなく、課題文を読んで自分がどのように感じたかを、具体的かつ論理的に提示することです。
また、小論文に取り組む際のコツは批判の精神を持って課題文を読むことです。筆者の主張のどこに賛成できないのかを念頭に置いて読むことで、小論文は書きやすくなります。

 

【平均勉強時間】

912時間

 

【アドバイス】

授業の予習復習を徹底することが成績アップへの近道だと思います。予習することによって、自分はどの問題が解けないのかが明確になります。授業では、できなかった箇所を特に集中して聞きます。授業が終わったら、もう一度予習段階で解けなかった問題を自力で解いてみます。この時、自分で授業を再現できるように心掛けて下さい。
これをコツコツ積み重ねていけば、成績は必然的に上がっていきます。

 

【受験時代に意識していたこと(息抜きやリラックス方法、メリハリの付け方など)】

睡眠時間は最低7時間とるように心掛けていました。睡眠時間が少ないと自分でも驚くほど集中力が低下します。また、リフレッシュとして週に4回程度ジョギングをしていました。血行も良くなりスッキリするのでおすすめです。

 

【受験生に伝えたいこと】

野球とは異なり、受験勉強はやれば必ず結果が出ます。その点で受験勉強は野球よりも楽です。ですが、やらなければ絶対に結果は出ません。確かに受験期は辛いこともありますが、嫌なことから逃げずに向き合えば、きっと合格できるはずです。頑張って下さい!

 

 

※入試情報は変更される場合があります。 詳細は慶應義塾大学ホームページの入学案内を随時ご覧ください。

 

 

<- 合格体験記一覧へ戻る

« »