合格体験記ー上田寛太

<- 合格体験記一覧へ戻る

上田 寛太

  • 郡山高校出身
  • 商学部
  • 2018年度入学
  • 一般入試(一浪)

 

【慶應義塾大学の受験を決めた時期】

中学3年生

 

【受験学部、結果】

●現役
総合政策学部、環境情報学部…不合格

●一浪
商学部…合格
経済学部、総合政策学部、環境情報学部…不合格

 

【慶應義塾大学に決めた理由、慶應野球部の魅力】

慶應義塾体育会野球部に入ろうと思った理由は、幼い頃に慶早戦を見て憧れたからです。試合の結果や塾野球部のどこに憧れたのかなど、詳しいことは覚えていませんが、慶應のユニフォームを着て神宮球場で野球がしたいとはっきり感じたことは覚えています。

 

【特に力を入れていた科目】

英語

 

【意識していた勉強法】

●英語

・語彙
語彙は、基礎になるので時間をかけました。英単語帳を二冊覚えるのに加え、長文を読んだ後は、専門用語などの明らかに出題頻度が低そうな単語以外はノートに書き出して覚えるようにしていました。英単語を覚えるときに重要なのは、単語を見た瞬間に意味が3つほど浮かぶくらいまで覚えるということです。意味を思い出そうとして出てくる、というレベルではまだ足りません。

・文法
語彙と同じで、参考書の問題を見た瞬間に答えがわかるようになるまで覚えました。入試の時は文法問題に時間はさけないので、考える時間をできるだけ短くしようと意識していました。

・長文読解
構文読解力をつけて、日本語の文章を読むときのように、二度読みなしで英文を読めるようにすることが大切です。また、難しい英文を読むときには、論理展開を読む力が必要になります。この段落は何のためにあるのか、筆者が言いたいことは何かなどを意識して読んでいました。

 

●数学

解く量が最も重要だと思います。色々な参考書に手を付けるのではなく、全問題の解法が即答できるぐらいまで、一つの参考書を繰り返し解きました。また、問題を解くときは裏紙などで解かずに専用のノートを作り、発想から途中式まですべて書けるようにしていました。そうすることで苦手な解法や計算がわかり、効率よく勉強できます。

 

●日本史

まずは全体の流れを理解し、そこから細かい知識を入れるようにしていました。あらかじめ流れがわかっていると、時代背景などと結び付けやすく、用語も覚えやすいです。また、自分の知識がすべて詰まったテキストを一つ作るべきだと思います。私は、既製品のテキストにわからなかった用語や背景知識を書き足していって、そのテキストを全部を覚えれば入試の合格点は取れるという状態を目指しました。

 

【平均勉強時間】

12時間

 

【アドバイス】

慶應義塾大学の一般入試で合格するために一番大事なことは、過去問をできる限り多く解くことだと思います。基礎学力をつけることは当たり前で、そこからどれだけ過去問を解いたかで差が出ると思います。過去問を解くと出題傾向がわかってきて、必要な知識や範囲がなんとなくわかり、勉強の効率が上がるからです。私は、最も商学部に受かる可能性が高いと感じていたため、商学部の過去問は手に入る限り、18年分解きました。

 

【受験時代に意識していたこと】

私は息抜きとして他のことをしても、その後の集中力が上がることはなかったので、特に息抜きはしていませんでした。しかし、睡眠は大事にしていました。睡眠時間を削って、起きている時間の中で無駄な時間を作るぐらいであれば、たくさん寝て集中力を高めた方が良いと考えていました。

 

【受験生に伝えたいこと】

私自身、慶應義塾大学で野球がしたいという目標は、本当に間違っていなかったと感じています。一浪してでも入部して良かったです。入部してこのチームのことが更に好きになりました。皆さんも目標達成のために辛い期間を乗り越えてください。一緒に慶應義塾体育会野球部を更に良いチームにしましょう。

 

 

※入試情報は変更される場合があります。 詳細は慶應義塾大学ホームページの入学案内を随時ご覧ください。

 

 

<- 合格体験記一覧へ戻る

« »