合格体験記-小菅真路

<- 合格体験記一覧へ戻る

小菅 真路

  • 市川高校出身
  • 環境情報学部
  • 2018年度入学
  • 一般入試(現役)

 

【慶應義塾大学の受験を決めた時期】

高校3年生の夏

 

【受験学部、結果】

環境情報学部…合格
商学部、総合政策学部…不合格

 

【慶應義塾大学に決めた理由、慶應野球部の魅力】

東京六大学で野球をやりたいという気持ちがあったからです。特に慶應義塾大学には憧れのようなものがありました。
慶應野球部の魅力は、先輩後輩の仲が良く、とても良い環境で、真剣に野球に打ち込めるところです。

 

【特に力を入れていた科目】

英語、小論文

 

【意識していた勉強法】

●英語

受験勉強の時間の半分は英語に費やしました。文法は、夏休み中に教材を5周くらいして完璧にしました。単語帳として『鉄緑会東大英単語熟語 鉄壁(角川学芸出版)』、精読書として『Top Grade 難関大突破英文読解問題精選(学習研究社)』は最後まで持ち歩き、隅々まで覚えるようにしました。
英語は知識と読解力です。一文一文を理解していくのではなく、全体を読んで筆者が何を言いたいのかを掴めるようにすることを意識していました。

 

●小論文

過去問を解くことが一番の練習だと思います。小論文を書いた後は、必ず添削してもらうことをお勧めします。SFCの小論文には模範解答がありません。自分にしか書けないこと、独創的な発想を意識して、相手の興味を引くように書くことが大事だと思います。そのためには、政治・経済などについてある程度の知識は必要になってくるので、僕は新聞を読んで補うようにしました。また、SFCのパンフレットを熟読してSFCでは何を研究しているのかなどを知るようにしていました。

 

●日本史

文英堂の『時代と流れで覚える!日本史B用語』で基本的な流れを掴んでから、東進ハイスクールブックスの『日本史B一問一答』を繰り返しやりました。

 

【平均勉強時間】

12時間

 

【アドバイス】

受験に近道はないと思います。自分が伸び悩んでいる時、周りの頭が良く見えたり、周りが使っている参考書が良く見えて手を付けたりしがちです。でも、参考書は色々と試すより1冊を完璧にする方が絶対に良いと思います。
また僕は、同じミスを繰り返さないようにするために、ミスしたことをまとめた「ミスノート」を作っていました。それを模試や入学試験前に読むようにして、ケアレスミスを減らしていました。

 

【受験時代に意識していたこと(息抜きやリラックス方法、メリハリのつけ方など)】

僕は高校3年生の夏まで野球をやっていたので、周りの受験生たちとは違い、明らかに勉強に打ち込み始める時期が遅かったです。しかし、周りの受験生にはとにかく負けたくなかったので、周りが居眠りしていても机に座って勉強し続けました。そのお蔭か、過去問を解いていても集中力が切れないようになりました。とはいっても疲れるので、疲れた時には勉強場所を変えたり、10分程外を散歩したりしてメリハリをつけていました。

 

【受験生に伝えたいこと】

現役生(特に運動部)は、最後の最後まで伸び続けます。むしろセンター試験が終わった後の1か月が勝負だと思います。受験勉強はやればやっただけ結果が付いてきます。最後まで諦めず、頑張ってください。一緒に野球ができることを楽しみにしています!

 

 

※入試情報は変更される場合があります。 詳細は慶應義塾大学ホームページの入学案内を随時ご覧ください。

 

 

<- 合格体験記一覧へ戻る

« »