【2019春フレッシュリーグ】△慶大 6 – 6 明大

2019.06.04 2019年度東京六大学野球フレッシュリーグ

  1 2 3 4 5 6 7 8 9  
0 0 1 0 5 0 0 0 0 6
0 0 0 2 0 0 4 0 0 6

 

フレッシュリーグ・対明大戦は、3回表、先頭に三塁打を許すと、内野ゴロの間に1点を先制されます。

反撃したい打線は4回裏、先頭の橋本典之が二塁打を放つと、続く綿引が適時三塁打を放ち同点とします。なおも無死三塁から、暴投の間に1点を追加します。

しかし、直後の5回表、四球や安打などで一死満塁の窮地を迎えると、押し出しと満塁本塁打で一挙5得点を許し、突き放されます。

追いつきたい打線は7回裏、朝日の内野安打・矢澤の四球・新美の安打で無死満塁の好機を作ると、内野ゴロと犠飛で2点を返します。なおも二死一塁から、綿引が内野安打を放つと、若林の適時二塁打で試合を振り出しに戻します。

9回裏、二死から橋本典之の二塁打や若林の四球などで満塁とするも、後が倒れ、6-6で引き分けました。

温かいご声援、誠にありがとうございました。

« »