【2019春リーグ戦】○慶大 7 – 4 法大③

2019.04.29 2019年度東京六大学野球春季リーグ戦

  1 2 3 4 5 6 7 8 9  
0 1 3 0 0 0 0 0 0 4
0 0 1 0 3 3 0 0 x 7

 

対法大三回戦は、2回表、二死から本塁打を浴び、1点を先制されます。

さらに3回表、連打と犠打で一死二三塁とされると、本塁打で4点差とされます。

直後の裏、髙橋佑樹の中前への二塁打と柳町の左前安打で無死一三塁の好機を作ると、渡部遼人の適時打で1点を返します。

追いつきたい打線は5回裏、柳町の四球と渡部遼人の中前安打などで一死二三塁とすると、郡司の犠飛で1点を返します。さらに、続く正木がバックスクリーンに飛び込むリーグ戦初本塁打を放ち、同点とします。

勢いに乗った打線は6回裏、小原若林の左前安打などで一死一三塁とすると、柳町の本塁打で勝ち越しに成功します。

その後は髙橋亮吾佐藤の継投で相手打線に反撃の隙を与えず、7-4で勝利致しました。

 

温かいご声援、誠にありがとうございました。

« »