【2019春リーグ戦】●慶大 2 – 5 明大①

2019.05.18 2019年度東京六大学野球春季リーグ戦

  1 2 3 4 5 6 7 8 9  
2 0 0 0 0 0 2 0 1 5
0 0 0 0 0 0 1 1 0 2

 

対明大一回戦は、初回、連打を浴びるなど一死二三塁とされると、適時二塁打で2点を先制されます。

追いつきたい打線ですが、度々走者を出すものの、あと一本が出ずなかなか得点に至りません。

7回表、一死一三塁から犠飛で1点を追加されると、さらに二死一塁から適時二塁打を浴び、4点差とされます。

反撃したい打線はその裏、先頭の嶋田が二塁打を放つなど二死三塁の好機を作ると、代打・下山の左への適時二塁打で1点を返します。

さらに8回裏、郡司がレフトスタンドに飛び込むソロ本塁打を放ち、2点差とします。

しかし9回表、二死二塁から適時三塁打を放たれ、1点を追加されます。

後が無いその裏、先頭の田中凌馬が四球を選ぶと、続く水久保が左前安打を放ち無死一二塁の好機を作るも、後続が倒れ、2-5で敗戦致しました。

 

温かいご声援、誠にありがとうございました。

« »