【H28春新人戦】●慶大 7 – 8 明大

2016.06.02 平成28年度東京六大学野球春季新人戦

  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13  
KEIO 0 0 0 4 1 0 0 0 2 0 0 0 0 7
MEIJI 0 0 1 0 0 4 0 2 0 0 0 0 1x 8

 

新人戦決勝戦・対明大戦は、3回裏に先制を許すも、
4回表に、吉田将大と小原和樹の連打などで一死満塁の好機を作ると、河合と内田の適時打で逆転に成功します。

続く5回表にも押し出しで1点を追加し点差を広げるも、
6回裏に四球や安打で走者を背負うと、3本の適時打を放たれ同点に追いつかれます。

さらには8回裏、2本の安打と四球で無死満塁の窮地を招くと、適時打などで勝ち越しを許します。

しかし9回表、一死からまたも吉田将大と小原和樹が連打で好機を作ると、代打・髙橋亮吾が適時打を放ち再び同点に追いつきます。

延長戦では、両投手の粘投により膠着状態が続くも、
13回裏に本塁打を浴び、7-8で敗戦致しました。

 

平成28年度春季新人戦におきまして、弊部は準優勝という結果に終わりました。

温かいご声援、誠にありがとうございました。

 

今季、多大なる温かいご声援を頂いた皆様には、心より御礼申し上げます。

秋季リーグ戦優勝そして悲願の全国制覇に向けて、部員一同精一杯努めて参りますので、

引き続き温かいご声援の程、宜しくお願い致します。

« »