【R1秋フレッシュトーナメント】○慶大 4 – 2 立大

2019.11.05 令和元年度東京六大学野球フレッシュトーナメント

  1 2 3 4 5 6 7 8 9  
0 0 0 0 1 0 0 1 0 2
KEIO 0 0 0 0 0 2 0 2 x 4

 

フレッシュトーナメント・対立大戦は、序盤から度々出塁するも、相手投手の好投の前になかなか得点圏に走者を進めることができません。

試合が動いたのは5回表、四球や内野安打などで一死一二塁とされると、適時打を放たれ得点を許します。

しかし6回裏、先頭・上田の二塁打や四球などで満塁とすると、萩尾綿引の犠飛でこの回2点を追加し、逆転に成功します。

8回表に同点とされるも、直後の裏に、先頭・上田の左前安打と朝日の犠打で一死二塁とすると、山本晃大が三塁打を放ち、勝ち越しに成功します。

なおも一死三塁から、野選の間にさらに1点を追加します。

最終回、8回から継投した丸谷がリードを守り切り、4-2で勝利致しました。

 

温かいご声援、ありがとうございました。

 

« »