【R1秋フレッシュトーナメント】○慶大 13 – 4 東大

2019.11.07 令和元年度東京六大学野球フレッシュトーナメント

  1 2 3 4 5 6 7  
1 1 2 0 0 0 0 4
KEIO 4 0 4 0 5 0 x 13

※試合規定により7回コールド

 

フレッシュトーナメント・対東大戦は、初回、いきなり二塁打を放たれると、犠飛で1点を先制されますが、その裏、一死満塁から萩尾の犠飛、古川の適時二塁打などで計4点を挙げます。

2回表には一死二塁から適時打を許し1点、3回表には失策が絡むなど2点を失い、同点に追いつかれます。

しかし直後の裏、萩尾の四球と古川・中澤の連打などで一死満塁の好機を作ると、新美の犠飛で勝ち越しに成功します。
さらに、宮尾の押し出し四球や敵失でこの回4点を追加し、一気に点差を広げます。

5回裏には、二死一塁から宮尾・山本晃大小川の連続適時打で3点、さらに敵失と綿引の適時二塁打により2点を追加します。

5回以降は、長谷川宮野の継投で相手打線を無安打に抑え、13-4で勝利致しました。

引き続き温かいご声援のほど宜しくお願い致します。

« »