【R1秋リーグ戦】○慶大 7 – 1 早大①

2019.11.02 令和元年度東京六大学野球秋季リーグ戦

  1 2 3 4 5 6 7 8 9  
KEIO 0 0 1 0 1 0 4 1 7
0 1 0 0 0 0 0 0 1

 

対早大一回戦は、2回裏、2本の安打などで二死一三塁とされると適時打を放たれ1点を先制されます。

しかし直後の3回表、二死一塁から下山が中越の適時三塁打を放ち、すぐに同点に追いつきます。

6回表、先頭の郡司が左翼スタンドへ飛び込むソロ本塁打を放ち、勝ち越しに成功します。

8回表、一死から郡司が2打席連続のソロ本塁打を放つと、さらに2本の安打などで満塁の好機を作り、瀬戸西の走者一掃となる適時三塁打でこの回計4点を追加します。

止まらない打線は9回表、柳町、郡司の連打などで二死一二塁とすると、小原が適時二塁打を放ち1点を追加します。

その裏、代わった石井が三者凡退で締め、7-1で勝利致しました。

 

なお、本日の試合結果をもちまして、令和元年度秋季リーグ戦における弊部の3季ぶり37回目の優勝が決定いたしました。
温かいご声援、誠にありがとうございました。

明日も勝利し、91年ぶりの全勝優勝を飾れるよう、部員一丸となって戦ってまいります。

温かいご声援、誠にありがとうございました。

« »