慶應義塾大学

中村 健人

(4年・外野手・中京大中京高校)
2017年サマーリーグで本塁打を含む大活躍を見せると、昨秋のリーグ戦では5本塁打を放ち、最終学年の今期も見事な打撃でチームを牽引。

試合経験による自信、勝利の為に自分がすべき事を考える力と実行の勇気を、サマーリーグでは得たと思います。これが基になり、神宮でのプレー、成長を支えてくれています。

早稲田大学

早川 隆久

(3年・投手・木更津総合高校)
2018年サマーリーグで活躍を見せると、今春リーグ戦から早稲田のエースナンバーを背負い、大黒柱としてチームを牽引。

サマーリーグでは、責任感と自覚を身につけることができました。これが、今のトップチームの方でも活かされ、下級生の規範となる行動、ピッチングに繋がっています。

明治大学

公家 響

(3年・内野手・横浜高校)
2018年のサマーリーグでの活躍を糧に、同年の六大学フレッシュトーナメントにて活躍。2019年春シーズンは全試合にベンチ入りを果たし、初ヒットを記録。さらなる活躍が期待される。

サマーリーグでは大会期間中、様々な場所で他大学の選手との交流がありました。その中で、他選手の活躍に刺激を受けると共に、自分とは異なる野球観、取り組み姿勢にふれることができました。このような経験が私の野球人生にプラスになったと感じています。

法政大学

伊藤 寛士

(4年・捕手・中京大中京高校)
2017年サマーリーグで1年生から出場、活躍を見せると、今春リーグ戦は4番としてチームを牽引。

サマーリーグでは下級生のチームでの交流戦ということで、他のチームの同じ世代の選手と試合をすることができ沢山の刺激をもらいました。サマーリーグでの経験、交流のお陰で今の自分があると思っています。

立教大学

中嶋 暸

(3年・内野手・佼成学園高校)
2018年サマーリーグで活躍し、チャンスに強いバッティングで、3年春からスタメン定着。ここぞの一発に期待がかかる選手。

他大学のバッティングのレベルの高さを感じ、自分自身にも繋がる技術的なことを多く学ぶことができました。

筑波大学

村木 文哉

(3年・投手・静岡高校)
2018年サマーリーグの経験を経て、昨秋ではエースとしてチームを神宮へ導き、今春では6勝をあげ、頼れるエースとなりました。

昨年のサマーリーグは上級生として試合をすることにより、チームに関わっていくことの大切さを学びました。その経験により視野が広がり、ピッチングに余裕ができました。

東洋大学

村上 頌樹

(3年・投手・智弁学園高校)
2018年サマーリーグに初出場し、今春のリーグ戦でエースとしてチームを牽引し優勝に導き、個人タイトル4冠を達成。

サマーリーグで得た経験を生かし、春季リーグを優勝することができました。他大学の選手をみていい刺激になり、自分を高めることができました。今後サマーリーグに出場する選手はいい機会だと思うので頑張ってください。

新潟医療福祉大学

荒木 陵太

(3年・外野手・日本文理高校)
昨年のサマーリーグでは長所の長打力を発揮し活躍を見せた。リーグ戦ではチームの大黒柱としてチームを牽引する。

サマーリーグでは、レベルの高い相手と試合をすることが良い経験となり、今の結果に繋がっていると思います。

第4回サマーリーグ

Aug. 9-12, 2018

View More Photos


第3回サマーリーグ

Aug. 10-12, 2017

View More Photos


第1回サマーリーグ

Aug. 16-17, 2015

View More Photos