2019.02.24「2019シーズンスタート」

dsc01395

慶應義塾体育会野球部
大久保 秀昭 監督

 

平素より温かいご声援を頂き誠にありがとうございます。2019年度も弊部を宜しくお願い致します。

本年も監督として指導させて頂きますが、昨年まで一緒に指導してくれた林助監督(平成10卒OB)、高村トレーナーがいないのが一番の変化ではあります。新たに竹内助監督(平成25卒OB)、齋藤トレーナー(ドームアスリートハウス)を迎え新チームがスタートしました。

昨年に続いて上田コーチ(昭和56卒OB)にはグラウンド全般、今泉さん、平野さん(ドームアスリートハウス)にはコンディショニング、布施さん(昭和62卒OB)にはチームビルディングを担当して頂き、そこに三田倶楽部、三田倶楽部技術指導員の協力も得て、チーム強化を進めていきます。

新チームをスタートするにあたり、やはり昨年秋の早稲田戦を忘れることは出来ません。

卒業する4年生は悔しさを神宮で晴らす機会は無く、申し訳無かったという気持ちしかありません。今後の人生の糧の一つになってくれたらと思います。私と3年生以下には機会は与えられているので、敗戦からの成長、敗者から立ち上がり雪辱することを期待して下さい。

新チームのスローガンは「練習ハ不可能ヲ可能ニス」「Everything is practice」に通じる鍛錬を積むという意味からの『鍛』と勝利の『勝』を合わせて鍛勝とし、塾歌にもある強く雄々しくを入れて「鍛勝〜強く雄々しく〜」とし、チーム目標は「早稲田に連勝して優勝!」キーワードに「5FW」を挙げました。

早稲田に連勝してということだけでは優勝にはならないので、当然開幕戦から勝ち点を積み上げ、早慶戦まで優勝の可能性を残しているというのが条件です。そこをクリアしての早稲田に連勝という意味だということです。

キーワードに関しては勝ち点5、早稲田戦はリーグ戦とオール早慶戦を含めて5連勝などを含めたFとWの強く意識して欲しいワードを掲げての5FWとしました。

毎年、チームカラーを出す為に歴史認識から伝統の継承を大切にしながらもそこに縛られているだけでなく、時代や世代、チーム状況も考慮してのスローガンでありキーワードを掲げておりますので御理解下さい。

今年のチームはバッテリーを中心にリーグ戦経験者が多いことが強みです。その強みを発揮することが出来るように心も体も技術も鍛えます!

陸の王者の名に相応しいチームになる為に鍛えます!

最後に、1年間、強く雄々しく神宮で躍動する為に取り組んでまいりますので応援宜しくお願い致します!

 

2019年2月
大久保秀昭

«