【R4春リーグ戦】●慶大 0 – 2 明大②

令和4年度東京六大学野球春季リーグ戦

123456789
0010100002
0000000000

対明大二回戦は、1回表、先発・外丸が左前安打、連続四球などで二死満塁の窮地を招くも、後を見三振に抑えます。

3回表、先頭に左中間への二塁打を許すなど一死三塁とされると、続く打者に適時打を放たれ1点を先制されます。

さらに5回表、二死から連打で1点を失い、点差を2点に広げられます。

何としても反撃したい打線ですが、相手投手の好投を前に得点を奪うことができません。

6回表、ここまで2失点の粘投を見せた外丸に代わり森下がマウンドに上がります。
先頭打者に右前安打を浴びるも、後続を捕邪飛、右飛、投ゴロに抑え、追加点を許しません。

7回裏、萩尾朝日の連打などで一死二三塁とすると、代打・北村が四球を選び、満塁とします。しかし、後が併殺打に倒れ好機を活かしきれません。

追加点を与えたくない投手陣は9回表、前のイニングから登板した橋本達弥が遊ゴロ、二飛、空三振と三者凡退に仕留める好投を見せ、最終回の攻撃に向け良い流れを作ります。

しかしその裏、一死から萩尾が左前安打で出塁するも、後続が中飛、左飛に倒れ、2-0で敗戦致しました。

成績につきましてはこちらをご覧ください。

【次回の試合】
対明大三回戦
5月17日(火) 12:00試合開始
先攻三塁側です。
※観客上限15,000人です。

温かいご声援、誠にありがとうございました。