【R4春リーグ戦】○慶大 7 – 4 明大①

令和4年度東京六大学野球春季リーグ戦

123456789
3010102007
0100020104

対明大一回戦は、1回表、連続四球などで一死一二塁とすると、今季初めて四番に抜擢された萩尾が適時三塁打を放ち、幸先よく2点を先制します。さらに、朝日の三遊間を抜ける適時打で1点を追加し、初回に3点を奪います。

2回裏、レフトスタンドに飛び込むソロ本塁打を放たれ、1点を返されます。

直後の3回表、朝日、古川の連打などで二死一二塁とすると、善波の適時打で再びリードを3点に広げます。

5回表、四球と犠打などで二死三塁の好機を作ると、再び善波が適時打を放ち、1点を追加します。

6回裏、先頭にソロ本塁打を浴び、1点を失う。さらに、二死二塁から適時打を浴び2点差に詰められるも、善波が二盗を刺し、相手に流れを渡しません。

追加点のほしい打線は7回表、先頭・朝日の左前安打から一死二塁の好機を作ると、山本の適時三塁打で1点を追加します。さらに、続く善波が本日3打点目となる犠飛を放ち、相手を突き放します。

8回裏、先頭に二塁打を放たれるなど一死三塁とされると、内野安打の間に1点を奪われます。

3点差で迎えた9回裏、6回途中からマウンドに上がった橋本達弥が、二死から中前安打を放たれるも、後を遊ゴロに打ち取り、7-4で勝利致しました。

成績につきましてはこちらをご覧ください。

温かいご声援、誠にありがとうございました。